車内の人を守る

窓ガラスからは体調に害を与えかねないものが浸入してくる

窓ガラスからは住人の体調に害を与えかねない紫外線や赤外線が浸入してくるので要注意です。 特に日差しが強烈になる真夏は危険な時期といえるのではないでしょうか。 紫外線は皮膚に影響を与える場合があり、シミやシワが発生する原因になってしまう場合があります。 単純なシミやシワなら美容外科で治療を行うことによって改善することは可能ですが、強烈な紫外線に長時間当たったことにより皮膚病などを発症してしまった場合は大問題になるのではないでしょうか。 特に皮膚癌を発症した場合は命に関わってしまうので事態は深刻です。 そして忘れてはいけないのが赤外線です。 夏場に窓から侵入してくる赤外線は室内温度を大きく上げます。 赤外線があるとないとでは5℃ほどの差が出てしまうので侮ることはできません。

ガラスコーティングをして室内の安全を確保しよう

ガラスコーティングを施して室内の安全を確保しましょ。 窓ガラスにガラスコーティングを施せば室内に入り込む紫外線と赤外線を大幅に削減することができます。 ガラスコーティングを施した業者によっては紫外線は95%以上、赤外線は90%以上削減することが可能です。 外出するときに紫外線を浴びないためのクリームを塗ったり、手袋をしたり、日傘を利用しているほど敏感な人にとっては非常に魅力的なサービスに見えるのではないでしょうか。 そして小さなお子さんが居る家庭の場合でも強い味方になります。 昔は日焼けが健康の証とされてきましたが、現在では日焼けすることのデメリットが知れ渡ったため警戒している人が多いです。 赤外線によって負ったダメージは皮膚に蓄積されるため早期からの予防が重要といえます。 専門の技術を持つプロに依頼すれば10年以上ガラスコーティングの効果を維持できるので依頼する際は必ずプロにガラスコーティングを施してもらいましょう。